ダイエット効果のある酵素成分を効率的に取り入れる【ヤセルンデス】

酵素の大切さ

紀元前3000年頃の古代メソポタミアで麦芽がビールの醸造に利用されたり、紀元前800年頃には子牛の胃袋を使ってチーズを作ったりしていました。これらは酵素の発見以前に実際に使われていた例です。人間は古代からうまく酵素を活用してきました。 1833年に麦芽エキスがでんぷんを糖に変えることからその存在が認められ、ジアスターゼと名付けられました。その後トリプシンやフィターゼなどたくさんの酵素が発見され、1874年に世界で初めてチーズ製造にレンネットが使われ、1895年には微生物由来の酵素が消化剤として商品化されました。1926年にウレアーゼが結晶化され、酵素はタンパク質でできているということが認識されました。1839年には糊抜き用の細菌アミラーゼが生産されました。

酵素は体の中の代謝に欠かせない物質です。食物を消化分解したり、呼吸、運動や自然治癒力に至るまでそれらの働きを助けています。体の中で作られる酵素には消化と代謝に関係していて体の中の化学反応のほとんどを仲介しているので、体内で作るだけでは足りなくなってきます。また熱には弱いので、生で食べることのできるもので酵素をたくさん含むものを摂る必要があります。そこで今、生で食べられる果物や野菜を熱や圧力を極力加えず粉砕できるスロージューサーが人気になっているのです。今後も生きたまま体に取り入れられる方法がいろいろ考えられていくでしょう。また酵母菌は発酵する過程で多くの酵素を作りだしてくれることから豊富に含む食品の発酵食品を摂ることも有効です。サプリになったものを利用するのも簡単に摂れる方法の一つです。