ダイエット効果のある酵素成分を効率的に取り入れる【ヤセルンデス】

抗酸化作用の強み

ごまが持つ魅力

セサミンという成分は、もともとごま油を製造するときに発見された抗酸化物質です。ごまが持つ魅力を生成するゴマリグナンの中でも、最も効果が強いことから、健康管理を行うにあたって無視できない存在となっています。
ゴマリグナン自体に女性の更年期障害を緩和する女性ホルモンとしての働きを期待できたり、食物繊維としての働きを期待できたりする中で、セサミンが独自に持つ抗酸化作用が特に注目されています。

万能選手といえる力

セサミンの特徴として、肝臓で抗酸化物質として作用する上に万能選手といえる力があるところが大きな魅力を生んでいます。
まず、活性酸素のほとんどは肝臓で発生すると言われている反面、多くの抗酸化物質は肝臓に到達する前にその効果を失ってしまいます。それに対して、セサミンは肝臓に到達して初めて抗酸化物質としての作用を発揮するところから、抗酸化物質として大きな期待を寄せられます。
また、セサミンは悪玉コレステロールの生成を抑える効果を持ちます。それによって、動脈硬化や心筋梗塞を予防するための体内環境改善につながる成果を期待できます。
加えて、肝臓で作用するセサミンの効果は、肝臓のアルコール解毒機能をサポートする能力もあるといわれています。
他にも、脂肪燃焼作用やビタミンEとの併用による抗酸化作用の強化など、セサミンが持つ万能な対応分野は、健康増進のために欠かせないといえます。
ごま油を始めとしてすりごまやいりごまなど様々な摂取方法があると考えられるセサミンですが、最も効率よく摂取できるサプリメント形式を活かせば、間違いなくセサミンの力を手軽に生活へ反映できます。